HOME > 毛利の独り言

株式会社リンクス 毛利の独り言

ブログでつぶやいている事を抜粋しております。
住みやすい社会の創造に微力ながら貢献できればと思っています。

タイ語版 大阪ワンルームマンション投資術、出版記念セミナー in バンコク

サワディーカップ!
昨日、出版記念セミナーをバンコクのヒルトン・スクンビット・ホテルにて開催させていただきました。
午前中にタイ在住の日本人向けに、午後からはタイ人向けに大阪ワンルームマンション投資を、開催してまいりました。
リンクス漫画はLinkIconこちらを御覧ください。
14895537_1192023424210345_713414809_o.jpg
S_5184371772977.jpg
日本人向けは、すでに東京で投資しておられる方が大阪に興味を持っていただいたり、これからタイ国内より日本に投資をしようとしておられる方から積極的にご質問をいただきました。
メインイベントのタイ人向けの方は、特に日本語も喋れて、大阪にも何度か来られてる方が非常に多く、反応が非常に良かったです。
早速、個別に相談もあり、新たなご縁しかも外国人にということで、いよいよグローバルな時代になってきました。
今回の出版とセミナー開催に関して多大なるご協力をいただきましたバンコク・アセット・パートナーズの飛騨社長には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。
DSC02840_R860.JPG
DSC04749_R860.JPG
DSC02804_R860.JPG
DSC04898_R860.JPG
DSC02863_R860.JPG
DSC02785_R860.JPG
DSC04850_R860.JPG
DSC04872_R860.JPG
日本人駐在員が多く住むスクンビットエリア。写真中央の一番高層の今建築中のマンションの坪単価が300万円。まさに大阪の都心部と変わらない。
しかも、最近は供給過剰気味で空室が多く、逆に日本人の駐在員は減っているので、リスクは高くなってきている。それなら大阪のワンルームの方が十分メリットがあるということで、今回の出版&セミナー開催となりました。
DSC04743_R860.JPG
セミナー終了後のアンケートを拝見しても、有難いことに、かなり興味を持っていただいた方が多く、早速次回、大阪に来ていただく方も出て来ました。
大阪でのワンルームマンション投資に関しては、日本国内だけでなく、海外でも十分需要があることは確認できました。
これから更にニーズが増えそうですが、肝心の物件の方は逆に品薄状態のままですので、より仕入れの強化に励みたいと思います。

ニュースの裏側を読む〜北海道新幹線〜

5月も後半に入って、初夏の雰囲気がますます漂う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
昨日は、元横浜市長で最近特に関西のテレビでよく拝見する日本の構造研究所の代表、元横浜市長でもある中田宏氏にご来社頂き、勉強会をして頂きました。
最近のニュースや政治、そして特に北海道新幹線や九州新幹線開業の裏側をお聞きしました。
最近特に、テレビやネットで色々な報道がされますが、表には出てこない裏側に大事な内容がたくさんあることを再認識しました。
特に新幹線の開業の裏側には、ローカル線がJRの経営から切り離され、毎年巨額の赤字が永遠に続くことは、確かにほぼ報道されていませんが、将来的には大問題です。
これからも、日々報道されるニュースの表面だけで判断することなく、裏側を読むように心がけたいと思います。
中田宏氏
中田宏氏

リンクス設立記念日〜拙著増刷!

皆様、いつも大変お世話になっております。
本日、5月8日は弊社の設立記念日です。
お陰様で7周年を迎えることができました。
ありがとうございます。心から感謝いたします。
帯が少しだけ変更になっております。
黄色の部分だけですが…。
まだお読み頂いてない方は、是非よろしくお願いいたします。
こちらからご購入されますと私のサインと特製ボールペンを進呈させていただきます。
各社販売サイト
http://www.diamond.co.jp/book/9784478039595.html
kindle版はこちら
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B01CZACVAE/ref=tmm_kin_title_0?ie=UTF8&qid=&sr=
また、とてもいいところに並べて頂いております。
しかも、堀江さんの下に!
今日から8年目に入りますが、常に感謝の気持ちを忘れず、社員一丸となって邁進してまいりますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
拙著増刷
拙著増刷

安芸の宮島〜廿日市トライアスロン〜8期目スタート!

皆さま、こんにちは~。
いよいよ5月となり、弊社の8期目もスタートしました。
GWに入ってから、いい天気ですがいかがお過ごしでしょうか?
私は、パワースポットの安芸の宮島、厳島神社に行って参りました。
さすがにGWとあって、参拝するにも長蛇の列です。
もう一つの目的でもありました、アジアトライアスロン選手権2016 廿日市の観戦もしてきました。しかも、関係者に知り合いもいましたので、スタッフ席に入れて頂きました。
まずは、女子で見事アジア選手権2連覇を達成した上田藍選手。何としても優勝して、リオ五輪の切符を手に入れるんだとチームジャパンで作戦を立ててレースに臨み、見事成し遂げられました。
2位は加藤友里恵選手。終始満面の笑みでした~。
3位の佐藤優香選手。
表彰台を独占という、素晴らしい結果で良かったです。
男子も優勝した田山選手のインタビューは、本人が涙を流しながら、チームジャパンの他の選手を労う場面は、感動してこちらももらい泣きしそうになりました。
チームジャパン、男女共優勝おめでとうございます!
最後に上田藍選手に写真をお願いしたら、快くOKしてくれました。155cmとアスリートにしては小柄ながら、コツコツと努力して今のポジションにまで登り詰められました。トライアスロンは関東出身の人が多いなか、上田選手は同じ京都出身なので、これからも応援していきたいと思います。
私もコツコツと努力精進し、一歩ずつ前に進んで、皆さまと共に成長していきたいと思っておりますので、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
安芸の宮島
13324396_964246710356232_168346492_o.jpg

石垣島トライアスロン完走!

皆さま、おはようございます。
昨日、石垣島トライアスロンに出場し、皆さまのご声援のおかげで無事に完走することができました!ありがとうございました。
私がトライアスロンを始めたきっかけは、昨年の大阪マラソンに出場した10月にある方との食事中に、フルマラソン走れるなら、「トライアスロンやりましょうよ~」の一言でした。その方は私と同い年で非常に忙しい中、隙間時間に練習し、アイアンマンレースというトライアスロンの中でも最も過酷なロングコース(スイム3,800m、バイク180km、ラン42km)を完走されてました。
ちなみに昨日のトライアスロンは、最も一般的なオリンピックディスタンスというミドル(同1,500m、42km、10km)でした。
今回、トライアスロンに挑戦するにあたり、まずは独学では厳しいと思い、1月からトライアスロンの現役日本代表選手でもある溝端祐一さんにコーチをお願いし、パーソナルトレーニングを週に二回して頂きました。
私がまず、「4/10の石垣島トライアスロンで完走したい」とお願いし、その為の超実践的なノウハウを教えて頂き、これが昨日完走できた一番の要因かと思います。
特にスイムでは、芋洗い状態で、しばかれ蹴られながら方向もわからなくなるから、時々前を見ながら泳ぐ泳ぎ方を習っていたことも非常に役立ち、それ以上に事前に心構えができていたので、なるほどこいうことかと冷静にこなせたのは大きかったです。
その後のバイクでは、起伏もわりとありきついコースでしたが、石垣島の景色を楽しみながら走れました。
ただ、最後のランは、足がパンパンで思うように進めなかったのですが、なんとか最後まで歩かずにゴールにたどり着くことができました。タイムは3時間50分。
レース前から完走が目標でしたが、4時間を切れたらと思っていましたので、それも嬉しかったです。
最後に繰り返しになりますが、昨日走りながら頭にあったのは、スペシャリストから教わってた実践的なノウハウが、本当にありがたく心強かったので、自分も同じく、自分の知識や経験を、たくさんの方々のお役に立てたらと思いました。
そして、普段から支えていただいてるお客様や取引先、弊社スタッフ、そして家族に感謝の気持ちがより一層湧きました。
今日からまた心新たに日々精進し、皆さまとともに成長していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
石垣島トライアスロン

大阪の不動産の注目度急上昇!

おはようございます。
新年度がスタートしてはや一週間。
桜のシーズンも終盤になりました。
昨日は、先日の公示地価発表から、大阪の不動産が注目されてますが実際どうなの?ということで、ダイヤモンド社の取材を受けてきました。
最近は株価や為替の動きも芳しくない中、マイナス金利の影響で、不動産投資がまた注目され、特に大阪の地価上昇やインバウンド効果など、最近の大阪の不動産市況や今後の展望についてインタビューにお答えしてきました。
こちらの模様はまたダイヤモンドオンラインにて配信されるかと思いますので、配信開始日が決まればご報告させて頂きます。
ダイヤモンドオンライン

紀伊國屋書店 梅田本店週間ベストセラー

私の著書が紀伊國屋書店梅田店週間ベストセラーに入りました。まさか私の名前が又吉直樹さんと並ぶ事など考えたこともありませんでした。これもひとえにお客様および関係者皆様のお力添えのおかげと深く感謝しております。今後ともリンクスを何卒よろしくお願い致します。
紀伊國屋書店

大阪湾環境再生事業 ~第3回定時社員総会~


2015年5月29日堺市にあるさかい新事業創造センターにてCIFER・コア 第3回定時社員総会が行われました。
理事長の広島工業大学大学院教授・上嶋英機氏の挨拶からはじまりました。
講演会では大阪大学大学院工学研究科教授・西田修三氏、前大阪府立大学学長・奥野武俊氏のお話しをとても興味深く拝聴致しました。
非常に長期にわたる緻密かつ地道な研究調査結果に驚き大変勉強になりました。
懇親会では両氏をはじめCIFER理事・大阪市立大学大学院教授・矢持進氏とも談笑を交え意見交換させて頂きました。
各方面のエキスパート集うCIFERではありますが弊社ならではの視点からお役にたてる事があればと願っています。

大阪湾環境再生事業 ~事業WG中間報告・意見交換会~

2015年3月17日に大阪湾環境再生研究・国際人材育成コンソーシアム・コア(CIFER OSAKA BAY)の意見交換会が大阪府立大学 I-siteにて行われました。
そのあとの懇親会ではCIFER理事・前大阪府港湾局局長・横山隆司氏、CIFER特別研究員・前々大阪府港湾局局長・池野誓男氏、CIFER正会員阪南倉庫株式会社・専務取締役 堀畑浩重氏をはじめ大阪を代表する企業の方々と意見交換をさせて頂きました。
非常に多くの有名企業が参加する大阪湾環境再生事業ですが弊社リンクスも微力ながらお手伝いできることを光栄に感じております。

大阪湾環境再生事業
大阪湾環境再生事業
大阪湾環境再生事業
大阪湾環境再生事業
右から堀畑氏・池野氏・横山氏
大阪湾環境再生事業

大阪湾環境再生事業 ~元気な魚庭(なにわ)の海を取り戻そう~

大阪湾環境再生事業

先日、弊社が加盟させていただいております、「大阪湾環境再生研究・国際人材育成コンソーシアム・コア(CIFER OSAKA BAY)」の施設見学会に参加させていただきました。当組織では大阪湾の水質改善を大きな目標の一つに掲げ関西圏で海域環境の研究教育に携わる大学がアライアンスを組み、大学間の連携を強化し研究教育活動を行っており、現在、東京オリンピックにおけるトライアスロン予定海域の水質改善、およびベトナム・ハロン湾の水質改善など国家レベルで数多くの相談を受けておられます。

大阪湾環境再生事業
大阪湾環境再生事業
DSC07405R_1920.JPG

大阪市港湾局の第6貯木場の埋め立てによる土地造成事業。
現在、大阪府・堺市・阪神高速道路㈱による大和川線の整備事業のシールド工法で掘削した際に発生する土砂を適正処理し、再生利用されてます。普段、埋立工事中に入ることなどありませんので、貴重な体験でした。

大阪南港野鳥園
大阪南港野鳥園
干潟

1969年、「野鳥公園」の設置を求める市民活動が始まり、1983年に開園した、日本最初の人口干潟「大阪南港野鳥園」。

DSC07480R_1920.JPG
DSC07524R_1920.JPG

続いて行きました西淀川区の「大阪矢倉緑地」は、自然に触れ合える親水緑地として整備され、荒磯をイメージし、自然石を使った護岸で、淀川にこんな綺麗な場所があったことが目の当たりにできて、非常に有意義な時間でした。

DSC07493R_1920.JPG
DSC07483R_1920.JPG
DSC07521R_1920.JPG
DSC07510R_1920.JPG

弊社は、マンション開発事業に携わっており、どちらかといえば自然を破壊してしまう側の事業ではありますが、今後、我々の子供や孫の世代に、少しでも綺麗で美しい大阪湾を見せれるよう、微力ながら貢献していければと思っております。
一般社団法人大阪湾環境再生研究・国際人材育成コンソーシアム・コア

堺市公共交通活性化促進基金

o0800060013060142132.jpg


9月に入ってはや一週間、ようやく秋の気配が感じられる気候になってまいりました。
今日は、「堺市公共交通活性化促進基金」について書かせていただこうと思います。
きっかけは、堺市の方からのご紹介なのですが、堺市の公共交通機関のバリアフリー化を推進する目的で、“ちんちん電車”でお馴染みの阪堺電車の低床式車両の導入や、利便性向上のための取り組みに賛同させて頂きました。(弊社スタッフに堺市民が3名いることもありまして。。。)
これからの超高齢化社会に向けて、住みやすい社会の創造に微力ながら貢献できればと思い、しかもこの寄付がふるさと納税として、寄付金控除も受けれますので、自分の納める税金の使い道を選べるという一石二鳥でもありますので、今後も機会があれば、自分だけでなく周りの方やお客様にも広めていければと考えております。
堺市HP

ひとりおかんっ子応援団プロジェクト

byoujihoikusien.gif


皆さん、こんにちは。
本格的に暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
本日は、2か月程前から弊社のホームページにバナーを貼らせていただいております、NPO法人ノーベルさんの「ひとりおかんっ子応援団プロジェクト」について、お話しさせていただきます。
弊社は今年の春から参加させていただいておりますが、きっかけは私自身が昨年、第一子を授かり、初めて父親になったことで、育児の大変さや保育園の入園の困難さを痛感したことです。
待機児童が多いことは、新聞等では知っていましたが、仮に運よく保育園に入園できても、熱がでれば預けられずすぐに迎えに行かないといけないこと等、恥ずかしながらいざ自分に子供ができて初めて、事の深刻さがわかりました。
また、離婚率の上昇によりシングルマザーも増加傾向にあることや、女性の社会進出が進む反面、行政や企業の体制が整っていないことでの歪み、逆に育児のために仕事を無くし、貧困による母子の餓死のニュースもありました。
私自身も母子家庭で育ち、母は私と弟二人を昼も夜も働き、女手一つで育ててくれました。
その恩返しは、少しずつですがしていってますが、これからは母だけでなく逆に子供たちにもしていかなければと感じております。
セミナー等で、将来の年金不安に対する保障作りとしてのマンション経営の話を普段させていただいておりますが、それと同時に少子化を少しでも改善しなければならないと思っております。
もちろん政治家ではではないので、大きく社会を変えることはできませんが、
弊社としては、まず育児休暇や産休はもちろん、女性の働く環境の整備を心がけ、女性もできるかぎり定年まで働いていただける企業を目指しております。
そしてこれからも、微力ではありますが、ノーベルさんのように“働くおかん”を応援していきます!
ひとりおかんっ子応援団プロジェクト

contents_border_ft.png


  宅地建物取引業免許:国土交通大臣(1)第8717号
  ご不明な点はいつでもお気軽にお問い合わせください。

快適な住まいとお客様をつなぐ
株式会社リンクスへのお問合せ
お問合せお問合せ